各事業所のご案内

事業案内

【事業内容】

●施設入所支援 夜間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援を提供します。
●生活介護 昼間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動又は生産活動の機会の提供をします。
●短期入所 ご家族の方の疾病その他の理由により、短期間の入所を必要とする方に、入浴、排せつ及び食事等の介護その他の必要な支援を提供します。
●共同生活援助(グループホーム) 夜間において、相談、入浴、排せつ及び食事の介護その他の必要な日常生活上の援助を提供します。
●相談支援(特定・障害児)障害福祉サービスの利用をご希望の方に、利用する福祉サービスの種類及び内容等を記載したサービス等利用計画を作成します。一定期間ごとに障害福祉サービスの利用状況の評価と見直し(モニタリング)を行い、福祉サービスの質の維持・向上を支援します。

 

【業務内容】

●緑の牧場学園(施設入所支援/生活介護/短期入所)
施設に入所している利用者さんの生活のサポートをしています。日常生活において必要な食事や入浴の支援をしたり、園外歩行や作品作り、畑作り、パン作り等の日中活動が円滑に実施出来るように、必要な支援を行っています。利用者さんの中には様々な障がいを持つ方がいらっしゃいますが、一人ひとりの特性に合わせた支援を行っています。また、担当と一緒に外出をし食事や買い物等を楽しんだり、お花見や旅行、緑風祭等のイベントの計画、実施も行っています。

●秋桜寮・こまくさ寮・ひまわり寮・グループホームしおなだ(共同生活援助)
秋桜寮・こまくさ寮は、作業所へ通う方と緑の牧場学園の日中活動に参加する方がいます。世話人が食事や健康管理、金銭管理、就労支援、余暇利用等を行い、時には相談・助言も行いつつ日常生活を援助しています。自立度の高い方々なので、身の周りのことは殆ど自分で行い、足りない部分を世話人が補っています。ひまわり寮・グループホームしおなだは、緑の牧場学園と少し離れた場所に位置し、利用者さんは日中は作業所に通ったり、地域の中でそれぞれ自由な生活を楽しんでいます。

●緑の牧場学園相談支援事業所(指定特定相談支援事業所)
障害福祉サービスを利用している方を対象に「サービス等利用計画」を作成します。作成後は定期的にモニタリングを行い、計画の振り返りを行います。また、地域の福祉サービス提供事業所や関係機関と連携し、必要なサポートネットワークを調整します。他にも障がい者及びそのご家族または障害のある方を支援している方に対して福祉サービスの利用相談、社会資源を活用するためのお手伝いをします。

・強度行動障がい支援者養成研修(実践研修)終了(平成元年10月18日 01知障協第374号)

・障がい者相談支援従事者専門分野研修「地域移行・地域定着」終了(令和元年10月8日 県障相専地第2019-1048号)

PAGE TOP